宝石事典へ戻る

アクアマリン

海水にちなんで名付けられたアクアマリンの新鮮な水のような色合いは、爽やかなプールへ飛び込んだかのように涼しい気分にさせてくれます。

Responsive image
エメラルドカット

この3.36ctの 宝石は、アクアマリンに典型的なエメラルドカットが施されています。

Responsive image
海青色

アクアマリンで最も高く評価される色は、濃い青色からやや緑色がかった青色です。

Responsive image
高いクラリティ

すべての上質アクアマリンと同じように、この宝石には目に見えるインクルージョンは入っていません。

Responsive image
Responsive image
鉱物標本

この上質な3x3x7cmのアクアマリン鉱物の標本は、パキスタンのバリスタン産のものです。

Responsive image
柱状の形

この結晶は、アクアマリンに典型的な六面柱状の形状を呈しています。

Responsive image
鉛筆の先

コレクターによっては、その先端の結晶面の姿からこの結晶を「鉛筆」と呼ぶことがあります。

Responsive image
器具類

研究

レビュー済み

X選択を消す
地図の上に置かれたノート、ペン、コンパス アプリがアップロードされた携帯電話、デジタル カメラ。
記事
写真に秘められた逸話:巨大なアクアマリンと「華麗な」自然

宝石学フォトジャーナリストのRobert Weldonが、お気に入りの写真に秘められた逸話を紹介します。

詳細を読む

Three light-to-medium blue carved sculptures sit in a line – from larger to smaller.
記事
カットの創造:幻想的な彫刻のアートと科学

宝石と心が通じ合うことができたり、精密な計算に基づくカットを専門とするなど、どのような技能を備えているかにかかわらず、宝石のカット職人は息を吞むほど美しい芸術的な宝石や彫刻を制作します。

詳細を読む

Dr. E. J. Gübelin Collection Corundum
記事
GIAのGübelin宝石プロジェクト: コランダム

ルビーとサファイア (通常はブルーですが、他のあらゆる色もあります) は、数千年も昔から最も重要なカラーストーンとして珍重されています。鉱物コランダムのこれらの色の品種は、これまで東南アジアや中央アジアが原産地とされていましたが、最近では東アフリカでも産出されています。また、稀少で耐久性に優れており、見事な色のため非常に人気のある宝石です。コランダムの宝石は、配向した鉱物インクルージョンがあるためアステリズム(星彩効果)とシャトヤンシー(猫目効果)を示すことがあり、異なる光源で観察すると色が変化する場合もあります。

詳細を読む

E. J. Gübelin博士のベリルコレクション
記事
GIAジェムプロジェクト
ベリル

化学的に純粋なベリルは無色ですが、微量元素によって緑、青、ピンク/赤の色になります。

詳細を読む

アクアマリン
記事
アクアマリンについて

アクアマリンは、鉱物ベリルの緑青色から青色の変種です。

詳細を読む

アクアマリン
記事
アクアマリンの歴史と伝承

「アクアマリン(aquamarine)」という名前は、ラテン語の2つの単語から派生しています。aquaは「水」、marinaは「海の」という意味です。

詳細を読む

記事
アクアマリンの旅

アクアマリンは海水という言葉にちなんで名付けられ、その新鮮な水のような色合いは、爽やかなプールに飛び込んだような瑞々しさがあります。

詳細を読む

アクアマリン
記事
アクアマリンの品質要因

アクアマリンの魅力的な要素について見ていきましょう。

詳細を読む

Multi-colored gems are superimposed on an image of glacier peaks.
記事
亜北極帯の宝石と鉱物

北極の宝石を調査するため、酷寒の果てを周航します。

詳細を読む

A green-blue specimen was identified as Maxixe-type beryl.
グリーンブルーのマシーシェ‐タイプのべリル

マダガスカル産であると報告されている透明な緑がかったブルーの梨形の宝石は、マシーシェ‐タイプのべリルであることが判明します。

詳細を読む