トパーズの歴史と知識


Placeholder Alt Text
97.45カラットのブレーズ・インペリアルトパーズが、フィールド自然史博物館のコレクションにあります。 シカゴ大学新聞の グランデとオーガスチンの好意による「宝石と宝石用原石:鉱物界の永遠の天然美」
ほとんどの当局者は、トパーズという名前が今ではザバーガドと呼ばれている紅海の小さな島の古ギリシャ名トパジオスに由来することに同意しています。 (この島はトパーズを産出したことはありませんが、かつてはペリドットの原産地でした。ペリドットは、現代鉱物学が発展する前はトパーズと混同されていました。)学者の中には、サンスクリット語(インドの古代言語)と、「火」を意味するトパスまたはタパズという言葉にまで起源をたどる者もいます。
 
古代ギリシャ人は、トパーズは自分達に力を与えてくれると信じていました。 ヨーロッパではルネサンスの間(1300年代から1600年代までの期間)、人々は、トパーズが魔法の呪文を解き怒りを払拭できると考えていました。 何世紀もの間、インドの多くの人々は、心臓の上にトパーズを着用すると長寿、美しさ、そして知性が保証されると信じています。
 
インペリアルトパーズの名前は、19世紀ロシアに端を発しました。 当時、ウラル山脈がトパーズの主要ソースであり、そこで採鉱されたピンクの宝石用原石がロシア皇帝に敬意を表して命名されました。 この宝石の所有権は皇族に限られていました。
 
今日では、トパーズは、米国で11月の誕生石の一つです。 もう一つは、黄水晶クォーツです。