記事の検索結果

Show Filters
Showing 19 結果 for "*"
記事
G&G 2015年秋号:トラピッチェ エメラルド、合成ダイヤモンド、大きいダイヤモンドの産出地

G&Gブリーフでは、Gems & Gemology(宝石と宝石学)2015年秋号の内容の概要を紹介しています。

詳細を読む

照射処理をした大型グリーン·イエローダイヤモンド

GIAによる大きなダイヤモンドの識別は、人工的に照査されたもの同様、慎重な分光分析やラボデータベースのレビューに基づいています。

詳細を読む

水素が豊富なダイヤモンド
オーストラリアArgyle鉱山産の灰色から青、スミレ色の水素が豊富なダイヤモンド

オーストラリアArgyle鉱山産のダイヤモンドは灰色から青、スミレ色で、水素と窒素が豊富なIaBタイプの唯一の原産地として知られています。

詳細を読む

CVD合成ダイヤモンド
ファンシービビッドオレンジのCVD合成ダイヤモンド

N-Vセンターによる強い吸収が、CVD合成ダイヤモンドのピンクがかったオレンジ色の地色の主な原因でした。

詳細を読む

1.50カラットのファンシーダークグレーChemical Vapor Deposition(化学蒸着)合成ダイヤモンド
二つのファンシーダークグレーCVD合成ダイヤモンド

珍しいファンシーダークグレー色のCVD合成ダイヤモンド二つを検査。

詳細を読む

照射処理したChemical Vapor Deposition(化学蒸着)合成ダイヤモンド
強く照射処理されたCVD合成ダイヤモンド

GIAで検査された、青色に照射処理された最初のCVD合成ダイヤモンドを見て。

詳細を読む

Aurora Butterfly of Peace(オーロラ・バタフライ・オブ・ピース)コレクションのカラーダイヤモンド
ダイヤモンドの「タイプ」分類システムと宝石学におけるその重要性

ダイヤモンドのタイプについての知識があると、ジェモロジストは、ダイヤモンドが処理石または合成石であるかどうか、またテストのためにラボに送るべきかどうかについてより良い判断ができます。

詳細を読む

抜粋、1991年秋号

「Gems & Gemology(宝石と宝石学)」1991年秋号からのこの記事では、「Gems & Gemology(宝石と宝石学)」以外で公表された宝石学関連の重要な記事の要約を集めました。

詳細を読む

Chatham Created Gems(チャタム・クリエイテッド・ジェムズ)のラボで製造されたカラーダイヤモンド

この記事では、Chatham Created Gems(チャタム・クリエイテッド・ジェムズ)の合成カラーダイヤモンドをいくつか、天然ダイヤモンドと比較し、その結果を説明しています。

詳細を読む

HPHT処理したイエローがかったグリーン・ダイヤモンドの鑑別

いろいろな特性のうち、緑黄色がかった黄緑色のHPHT処理をしたダイヤモンドは、明確なブラウンがかったイエローに八面体グレーニングされた高飽和状態の本体の色を呈し、また加熱の証拠がはっきり出ていました。

詳細を読む