記事の検索結果

Show Filters
Showing 14 結果 for "synthetic corrundum"
Figure 1. One of GIA’s new LA-ICP-MS corundum calibration standards sets (set number 1); the epoxy disk containing the set is 1.5 inches in diameter. NIST SRM 610 and 612 glass standards are included to account for trace and non-trace elements, such as those found in inclusions, that were not incorporated into the synthetic sapphire crystals grown for standards. Photo by Jennifer Stone-Sundberg.
マトリックス照合標準物質を用いたルビーおよびサファイアの主な微量元素に関する正確な報告

レーザーアブレージョン誘導結合プラズマ質量分析装置(LA-ICP-MS)の精度と効率を向上させるためにGIAによって開発されたコランダム標準物質について発表します。

詳細を読む

エメラルドサンプルの研究
振動分光法を用いた天然エメラルドと合成エメラルドの識別に関する予備的研究

振動分光法を用いた天然エメラルドと合成エメラルドの識別についての、300石以上の試料に対するFTIR(フーリエ変換赤外分光分析)およびラマン分光分析法に基づく予備調査結果を報告します。

詳細を読む

交差したルチルの針
記事
インクルージョンから得られる洞察

天然宝石は一般的に合成宝石よりもはるかに価値が高いため、天然かどうかを正確に識別できるスキルは非常に役に立ちます。

詳細を読む

この顕微鏡写真は、ファセットカットされたCreative Crystals Inc.社製合成アレキサンドライト内に見られる、強烈なカラーゾーニング特有の層状成長跡を示している。液浸、視野5.3×4.0mm。 写真提供:K. Schmetzer、The Journal of Gemmology(宝石学ジャーナル)。
記事
現代の研究ニーズに光明を投じる数十年前の合成アレキサンドライト

2012年『Journal of Gemmology』(宝石学ジャーナル)の記事「Flux-grown synthetic alexandrites from Creative Crystals Inc.(Creative Crystals Inc.(クリエイティブ・クリスタル社)のフラックス法合成アレキサンドライト)」の概要と解説

詳細を読む

図 6
記事
サファイアシリーズ第3部:現代の合成サファイア用途

シリーズの第3部の「サファイア:多くのファセットを持つ結晶」では、合成サファイアの様々な新しい用途を紹介します。

詳細を読む

RN 152934
記事
サファイアシリーズ第2部:次世代のサファイア結晶成長技術

「サファイア:多くのファセットを持つ結晶」シリーズ第2部のこの記事にて、いくつかの高度成長技術を紹介します。

詳細を読む

ニッケルとクロムを添加したタイラス水熱合成サファイア

タイラス合弁会社の研究者が合成サファイアの宝石品質の結晶の水熱成長に関する技術を開発しました。

詳細を読む

新しいレヒライトナー法合成ルビーおよび合成ブルーサファイアに関する予備レポート

新しい合成ルビーと合成ブルーサファイアが、オーストリアのインスブルックのJohann Lechleitner(ヨハン レヒライトナー)によって合成されています。

詳細を読む

誘発指紋

この記事では、誘発される指紋の現象を説明するために行なわれた一連の実験結果を報告しています。

詳細を読む

チャタムフラックス成長合成オレンジサファイアと合成ブルーサファイアの宝石学的特性

著者は、チャタム産フラックス合成オレンジサファイアとブルーサファイアの宝石特性を検査します。

詳細を読む