記事の検索結果

Show Filters
Showing 16 結果 for "becoming a GG"
Figure 1. One of GIA’s new LA-ICP-MS corundum calibration standards sets (set number 1); the epoxy disk containing the set is 1.5 inches in diameter. NIST SRM 610 and 612 glass standards are included to account for trace and non-trace elements, such as those found in inclusions, that were not incorporated into the synthetic sapphire crystals grown for standards. Photo by Jennifer Stone-Sundberg.
マトリックス照合標準物質を用いたルビーおよびサファイアの主な微量元素に関する正確な報告

レーザーアブレージョン誘導結合プラズマ質量分析装置(LA-ICP-MS)の精度と効率を向上させるためにGIAによって開発されたコランダム標準物質について発表します。

詳細を読む

Figure 9. The parcel of rough spinel on the left, reportedly from Tajikistan, contains pieces weighing up to 48.5 g. The seven faceted spinels on the right (9.04–28.16 ct) were fashioned from some of this rough.
タジキスタン産のパープルがかったピンクスピネル:カットの前後

タジキスタン産のパープルがかったピンクスピネル:カットの前後

詳細を読む

Be拡散処理されたサファイアを検出する新しい方法:レーザー誘起ブレイクダウン分光法(LIBS)

この記事は、宝石学へのレーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)の最初の適用について説明しています。

詳細を読む

北部マダガスカル、アンツィラナナ州産サファイア
マダガスカル北部、アンツィラナナ省産のサファイア | 宝石と宝石学

1996年以来、大量の黄色から青のサファイアが、北部マダガスカルの玄武岩から派生した沖積鉱床から回収されています。

詳細を読む

合成無色サファイアと天然ものを区別する

大量の無色サファイアが、過去10数年間宝石市場に出回り、 主にダイヤモンドの代替品として売られていましたが、天然の宝石としても扱われるようになりました。

詳細を読む

ロシアの熱水合成ルビーおよびサファイアにある診断的特徴

ロシアの熱水合成ルビーおよびピンク、オレンジ、グリーン、ブルー、パープルのサファイアは、ほとんどがクロムとニッケルまたはいずれかで色づけされているが、カラーゾーニングに関連して診断的にジグザグあるいはモザイク状の成長構造を現しています。

詳細を読む

ベトナムのルビーとファンシーサファイア
ベトナムのルビーとファンシーサファイア

ベトナムのLuc Yen(ルック イェン)およびQuy Chau(クイ チャウ)採鉱地区から、宝石品質のルビーや、ピンクからパープルがかったサファイアが採掘されています。

詳細を読む

診断機能とカシミールサファイアの加熱処理

今日、長い経験年数を有する異なる宝石学試験を組み合わせることによってのみ、サファイアの起源の決定的な判断を行うことができます。

詳細を読む

7種類のイエローサファイアと光に対するその安定性

著者は、色および光に対する色の安定性が異なる7種類の「イエロー」サファイアが実際に市場に出回っていることを発見しました。

詳細を読む

天然色コランダムの証拠となる二酸化炭素液状インクルージョン

コランダムの色が天然のものがどうかを鑑別する上で重要な手がかりは、二酸化炭素液体インクルージョンの存在です。

詳細を読む