記事の検索結果

Show Filters
Showing 19 結果 for "*"
書評:スノーフレークから氷山:マクファーリン・コレクション

Dorothy McFerrin著、 出版:The McFerrin Foundation(マクファーリン財団)、テキサス州カレッジステーション 、2013年、125 米ドル(約11,000円)

詳細を読む

ダイヤモンド中の光学的欠陥により生じる蛍光性:測定、特性評価、課題

UVランプの出力の変動が観察される蛍光性の色と強さにどのように影響を与えることができるか。

詳細を読む

ラウンドブリリアント カットのダイヤモンドに関するGIAのシンメトリーグレーディングの境界

GIAのシンメトリーグレーディング・システムをサポートするために使用される媒介変数の説明。

詳細を読む

Aurora Butterfly of Peace(オーロラ・バタフライ・オブ・ピース)コレクションのカラーダイヤモンド
ダイヤモンドの「タイプ」分類システムと宝石学におけるその重要性

ダイヤモンドのタイプについての知識があると、ジェモロジストは、ダイヤモンドが処理石または合成石であるかどうか、またテストのためにラボに送るべきかどうかについてより良い判断ができます。

詳細を読む

GIAラボにおけるカラーグレーディング「D - Z」のダイヤモンド

この記事では、GIAのカラーグレーディングシステムの歴史と進行中の開発について解説し、同ラボがそれをどのように適用するかについて説明します。

詳細を読む

Apollo Diamond Inc. (アポロダイアモンド社)の最新世代のCVD(chemical vapor deposition 化学蒸着)成長合成ダイヤモンド

色とクラリティにおいて天然ダイヤモンドに匹敵する高品質CVD成長ダイヤモンドは、宝石学特性と分光学的特性の組合せを利用して鑑別することができる。

詳細を読む

1870年以降の世界のダイヤモンド原石生産

歴史的にみて、世界のダイヤモンド原石の生産は、様々な要因で大きく変動ました。この記事ではその多くを考察しています。

詳細を読む

ラウンドブリリアントカットダイヤモンドの全体的なカット品質をグレーディングするための基礎

ここで説明するGIAダイヤモンドカットグレーディングシステムは、標準的なラウンドブリリアントカット品質の全体的な単一グレードに、明るさ、ファイアー、シンチレーション、ポリッシュおよびシンメトリーのほか、重量と耐久性の要素も含んでいます。

詳細を読む

カットダイヤモンドのX線検査ルーチン

簡略化した形式のX線トポグラフィーは、ファセットカットされたダイヤモンドを指紋認証し、紛失や盗難からの回復を支援することができます。

詳細を読む

1990年代の合成宝石素材と模造品

1990年代、宝石品質の合成ダイヤモンドの商業的実用化が大きな進展を遂げました。

詳細を読む