宝石事典へ戻る

シトリン

シトリンはクォーツの中で、透明で淡黄色から帯褐橙色の変種です。

Responsive image
サイズ

カットされたシトリンには大きい石もあります。 これは重さが20カラットほどもあります。

Responsive image
見た目に傷なし

目に見えるインクルージョンがないことは、シトリンに求められる品質です。

Responsive image
ゾーニング

黄色、帯赤橙色、茶色のカラーゾーニング(色帯構造)は、このシトリンを際立たせています。

Responsive image
Responsive image
帯赤橙色

この魅力的な赤みがかったオレンジ色は、消費者に人気があります。

Responsive image
大きな結晶

この65.50カラットの原石からはかなり大きなカット石が得られます。

Responsive image
結晶の端

このシトリン結晶の一端は、きれいに尖った形を示しています。

Responsive image
器具類

購入者のための手引き

彩度の高い黄色から褐色味の無い帯赤橙色の色相が、シトリンでは珍重されています。 ディーラーは、色帯や目に見えるインクルージョンの無いシトリンを求めます。

宝石商を検索する

GIAレポートを持ち、GIA訓練を受けたスタッフがいるお近くの宝石店を見つけるには、郵便番号を入力してください。

レポートを探す

レポートの情報が、GIAレポートデータベースにアーカイブされているものと一致しているかを確認します。

着目すべきポイント

カラー

最高級のシトリンの色は、飽和していて褐色みがほとんどあるいはまったく無く、黄色から赤みがかったオレンジ色、そしてオレンジがかった赤色があります。

クラリティ

市場にあるファセットカットされたシトリンの多くは「アイ クリーン」、つまり肉眼で見えるインクルージョンは含まれていないものです。 微小なインクルージョンのある素材は、多くの場合カボションや彫刻に使用されます。 淡い色の宝石に目に見えるインクルージョンがある場合、その価値は大幅に下がってしまいます。

カット

シトリンは、カスタムカットも含めて幅広いファンシーシェイプが入手可能です。 ほとんどのカットスタイルは、マスマーケットのジュエリー用に統一されたミリサイズの規格カットです。

カラット重量

大きいサイズのシトリンは、カラットあたりの価格が小さいサイズのものと比べて格段に高くなることはないので、大胆な宝飾品デザインに適しています。 他のカラーストーンとは異なり、小粒の方が色が強い場合もあり、さまざまなサイズの宝石セットを容易に揃えることができます。

シトリンの品質を決定する要因:総合ガイド