Reviews

書評:Minerals of Georgia: Their Properties and Occurrences(ジョージア州の鉱物:その性質と発生)


Placeholder Alt Text
Robert B. Cook、Julian C. Gray共著、ソフトカバー、326ページ、イラスト入り、 2016年、ジョージア州アセンズ、University of Georgia Press、$32.95。

この本は1978年に出版されたDr. Cookの初刊の更新版です。 鉱物が化学的な分類ではなく、アルファベット順で、ガーネットやトルマリンのように鉱物のグループに付与された査定と共に記載されるように改正されました。

地質学の説明は過度に技術的すぎず、全体像に触れています。 結晶領域と堆積領域で区別されています。 州内には5つの異なる地質の地域があります。 ジョージア北部のピードモントとブルーリッジ地方の基盤は、変成岩や火成岩でほぼ独占されています。 州の南半分をカバーしている海岸平野は、大部分が未固結堆積物と石灰岩で構成されています。 リッジ・アンド・バレー地域が層になった堆積岩で構成されている一方で、州の北西にあるカンバーランド高原には比較的変形していない古生代の堆積物が含まれています。

もっと読み進むと、州が発見した有名なルチルとアメシストに焦点を当てています。 ジョージア州のアメシストは、国で最高のものとみなされています。 チャーリーズクリークの材質は極めて固有で、短い単結晶あるいは、2、3のはっきりとわかる色のついた部分のある結晶内で発生します。 いずれの場合にも、アメシストはピラミッド終端の菱面体晶部分に見られます。 角柱状の部分は、多くの場合、無色です。 ウィルクス郡のジャクソンズクロスロードは、米国でも最高級アメシストを生産しています。 深い紫色の多面的な材質が宝石の市場に参入する一方で、壮大な標本が重要なプライベートコレクションへ買われていきました。 ベニーレイ標本は、大規模な乳白色のクォーツ鉱脈の不規則な狭いポケットに生じる、チャーリーズクリークやジャクソンクロスロードで見られるものとは全く異なっています。

グレイブスマウンテンは、そのルチル標本や細かいラズーライトで有名です。 ルチル結晶は、結晶の完全性、双晶、サイズ、および光沢の面で卓越しています。 51種の鉱物種がこの地域で発見されたと報告されています。

この本のハイライトは、ジョージア州の鉱物種がアルファベット順で記述されている章です。 全鉱物が完全に文書化されています。化学式、分類、結晶学的情報、習性、物理的特性、発生に関して、郡ごとに、アルファベット順で記載されています。

この書籍は、この分野に関する最も正確で最新の情報を提供することに成功しています。 ジョージア州の鉱物学に関する究極のバイブルです。 よく書かれており、150​枚​以上のカラー写真で図説されています。 コレクター、鉱物学者やトレジャーハンターに最適です。 鉱物の発生場所が郡別、地域別になっており、また鉱物別の目次もついた便利な付録が含まれています。 かなりお勧めの書籍です。

Guy Lalous氏はベルギー、アントワープの鉱物学アカデミー(ACAM)およびブリュッセルのSociété Royale Belge de Gemmologie(SRBG)のシニア宝石学講師です。 また、欧州教育連盟で宝石学における審査委員会(FEEG)のメンバーでもあります。 ACAM大学院卒の宝石学者で、欧州の宝石学者としての学位を取得しています。